おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村]

表板内側削り終了 スクレーパーがけ

 

 

前回のブログでは表板内側の鉋削りとヤスリがけをしました

 

今度はスクレーパーで仕上げにかかります

 

こんな風にヤスリがけをして行くと

f:id:vcken:20210714215908j:image

 

なだらかにはなりますが

まだ凸凹があるしヤスリ跡も もちろん残っています
f:id:vcken:20210714215903j:image

 

 

そして各部の曲面にあったスクレーパーを

チョイスしてひたすら擦ります

f:id:vcken:20210714220002j:image

 

力加減で削りから仕上げまでいけるので

とっても便利

 

昔は紙やすりでやっていましたが

紙やすりだと何度も取り替えて

だんだん細かくしていくので

取り替えが面倒なのと

仕上がりが平坦でなんだか面白くない

せっかく木を使っているので木目が少し浮き立つ様にしたいのです

 

右半分がスクレーパーをかけた所

f:id:vcken:20210714220251j:image

 

左のヤスリ跡は無くなりますが

触ると木目感があります

 

とにかく時間をかけて丁寧に仕上げます

仕上げるのにもちょっとしたコツや経験が必要です

紙やすりはその点誰でもできて簡単です

 

最後に余計な鉛筆跡も消しておきます
f:id:vcken:20210714220248j:image

 

閉めてしまえば見えないんで

消さない製作者も多いですね

別に消した消さないって音に関係無いんで

どっちでも良いですが

まぁこれは製作者の性格でしょうね

 

 

さてかなり時間もかかりましたが

ようやく終了
f:id:vcken:20210714220006j:image

 

この後はF字孔を開ける作業になります

楽器の表情と音の性格を決める大切な作業です

 

これがまた綺麗に仕上げるのは難しいんよね

初めて習ったバイオリンでは左右が整わず

削って行くうちにやたらと大きくなってしまいました

 

まぁそんな失敗が糧となって今では

そうそう失敗はしませんが

気を使う作業には変わりありません