おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

雪 と 絵本

うちの周辺では7日の金曜日に初雪が

ちらつきましたが

 

今日は初めて本格的に降りました

 

って言っても京都の南部は大した事はありません

 

午前中にアリアバイオリンでレッスンなのですが

10時過ぎに地下鉄の駅を出て地上にでるとけっこう降っています

f:id:vcken:20200209212423j:image

 

山もうっすらと雪化粧です

 

でもレッスンを終えて12時過ぎに出るともう雪は溶けてありません

 

山もいつもの風景でした

 

電車で帰って駅を降りると

また結構降っているのですが

雪質が全然違います

 

さっきは、ふわっとした雪でしたが

 

今度は1ミリ位の発砲スチロールが降ってる感じでコロコロしています

f:id:vcken:20200209212841j:image

 

ずいぶん違って面白いねと思いながら

家に帰りました

 

その後、お買い物に出かけた最後に

図書館で借りていた本を返して

また新しく借ります

f:id:vcken:20200209213441j:image

 

 

12冊新しく借りて

全部はまだ見ていないのですが

その中でもこの絵本

f:id:vcken:20200209213411j:image

 

この絵本はいけません

 

始めは、ちょっとおふざけモードなので

 

ほうほう、面白いね

 

と、楽しく読み聞かせる事ができます

 

だがしかし

 

 

途中から雲行きが怪しくなります

 

泣けてきます

 

いや、泣きます

 

読めなくなってしまいます

 

子供達に悟られまいと読むのに必死です

 

 

親としては感情移入しまくりの絵本でした

 

子供達にはまだちょっとわからない感情かもしれないですが

 

僕達、親がこれほどまでに君達の事を思っているんだよと言うのを見事に表現した絵本でした

 

読み聞かせじゃなく一人で読んでいたら

僕は確実に泣きますね

 

絵本の世界も奥が深いです

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村