おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村]

パフリング の 溝彫り スタート

 

 

弦楽器の周囲には2本の黒い線で縁取りがしてあります

f:id:vcken:20201009222307j:image

 

 

安物などはただ書いてあるだけの物もありますが黒白黒の3枚の薄い板をサンドイッチ状にしてある物を入れてあります

 

役割は外部からの衝撃で板が割れないように防波堤の役割と引き締まって美しく見える美観的な役割があります

 

 

作業は大変ですよ〜

 

前回の記事でパフリングカッターで1本線を入れましたが

あれはガイドです

 

 

アートナイフ等の鋭い刃物でガイド線ともう1本横に線をしっかりつけます

f:id:vcken:20201009222856j:image

 

 

 

そしてその2本の線の間を彫ります
f:id:vcken:20201009222908j:image

 

 

入れるパフリングはだいたい2ミリ

 

硬い木なので1回なんかでは彫り切れないので

3、4回は繰り返して深さを出します
f:id:vcken:20201009222841j:image

 

 

こんな感じの作業を繰り返して彫り進めて行くのですが手も痛くなるしなかなか進みません
f:id:vcken:20201009222845j:image

 

 

 

彫り進めて行くと幅が広い狭いがあって

ガタガタになっていますがこれを整えます

f:id:vcken:20201009222900j:image

 

 

幅はギリギリを狙います

幅が広すぎると隙間が空いて不細工です

何度もサンプルのパフリングを入れてチェックします
f:id:vcken:20201009222911j:image

 

 

幅を整えたらこんな風にスッキリします

 f:id:vcken:20201009222850j:image

 

 

 

深さも何度もサンプルを入れて全部入り切るまで彫ります
f:id:vcken:20201009222853j:image

 

 

 

そんな作業をひたすら繰り返してパフリングはできているんですよ

 

静かに進む作業なので

好きな音楽を聴きながら

ゆっくり丁寧に作業を進めて行きます

f:id:vcken:20201009222903j:image

 

 

 

溝彫りに使用しているのはこのパワーグリップ

この平刀を削って1ミリ 1.5ミリ 2ミリと徐々に幅を広げます

f:id:vcken:20201009231302j:image

 

 

 

 

 

www.oginoken.com

www.oginoken.com