おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村]

パフリング面 の 製作

 

 

平面出しが終わったら次はパフリングを入れる面を作ります

 

平面出しの為に厚く残してあった外周を規定の厚さまでに削ります

 

 

使用するのはこの道具

f:id:vcken:20201005182423j:image

 

パフリングカッターと言う道具です

 

 

日本にはケガキと言う道具があって

以前はそれを使っていましたがこちらの方が刃が鋭いので今はこちらを使っています

 

 

まずは外周にパフリングカッターで線を引いていきます
f:id:vcken:20201005182407j:image

 

 

プレイヤーはほとんど知らないのですが

とんがり部分は他の外周より少し厚めにしますf:id:vcken:20201005182404j:image

 

 

やはり出っ張っているのでぶつけやすいから

少しでも厚くして強度をだします

 

美観的にもその方がカッコいいです

 

 

そしてもう1ヶ所
f:id:vcken:20201005182427j:image

 

裏板のボタン部分も厚めにします

ここはネックを支える重要部分ですので

厚くして強度を高めます

 

 

 

そして外周の1センチ強を平らに整えます
f:id:vcken:20201005182413j:image

 

 

トンガリ部分はマイクロプレーンと言う道具が削りやすいです
f:id:vcken:20201005182410j:image

 

 

相変わらず毎日いろいろあって作業スピードは遅いので何日もかかっていますが

途中に息子も少し鉋でやってみました
f:id:vcken:20201005182435j:image

 

 

一番小さな豆鉋を慎重に使います
f:id:vcken:20201005182440j:image

 

 

変な所を削ってしまわないかヒヤヒヤしますが

結構慎重で丁寧な子なのでちゃんとやってくれます
f:id:vcken:20201005182445j:image

 

 

ただ、そう簡単にいかないのですぐに疲れて手が痛くなって終了

 

 

無理強いはしないのでまたやりたくなったら

やらせようと思っています

 

 

 

ある程度鉋で削ったら平面をスクレーパーで綺麗に整えます
f:id:vcken:20201005182420j:image

 

 

楽器中央部のくびれ部分はなかなかやりにくいですが何とか終了
f:id:vcken:20201005182417j:image

 

 

こんな風に平らになったら出来上がり
f:id:vcken:20201005182432j:image

 

 

後は最終チェックをして外周も整えてパフリングを入れる準備が完了です

 

 

 

 

www.oginoken.com