おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村]

ネック材の仕込みと切り出し

 

 

横、裏、表と来て本体の最後の大きなパーツ

ネックの製作です

 

これがネック材として売られているメイプル材です

f:id:vcken:20211212220802j:image

 

 

ちゃんと長方形になっているなら作業はしやすいし2本とれるんですけどね

 

だいたいこんな感じで台形です

 

このままデザインすると誤差が生じるので

まずは長方形になるように補助板を取り付けます
f:id:vcken:20211212220805j:image

 

 

台形なんで滑ってくるのでしっかりとクランプで留めて接着します

 

少し大きめの板を接着したのではみ出しております

f:id:vcken:20211212220951j:image

 

 

なのではみ出した余分な部分を鉋で削ります
f:id:vcken:20211212220953j:image

 

 

これで補助板の接着はOK
f:id:vcken:20211212220956j:image

 

 

ここでポイント

虎目の向きでどちらを上にするかを決めるのですが

補助板をつけると虎目が見えなくてどちらが上なのかわからなくなります

なので判るように印をつけておきます

f:id:vcken:20211212221214j:image

 

「うえ」ってめっちゃわかりやすく書いてます

 

 

そして次に台形を長方形にします

普段はやらないのですが

わかりやすく削る部分を鉛筆で塗ってみました
f:id:vcken:20211212221207j:image

 

 

そして鉋で成形
f:id:vcken:20211212221210j:image

 

 

デザインに必要な部分が平行になるようにします

f:id:vcken:20211212221526j:image

 

台形のままだと斜めなので誤差が生じますので

面倒ですがこんな作業をします

 

 

さて、準備が整ったらアクリル板で作ったテンプレートをずれないようにセロテープで止めて

シャーペンで描いて行きます

f:id:vcken:20211212221724j:image

 

 

渦巻き部分は千枚通しで穴を開けて印を付けます
f:id:vcken:20211212221726j:image

 

 

ペグ穴も印をつけます
f:id:vcken:20211212221721j:image

 

 

今回の材料幅はギリギリでしたが

なんとか全体のデザインも描き終えて

切り出し準備完了です
f:id:vcken:20211212221729j:image

 

 

 

さてどうやってこれを切り出すかと言うと

いつも使うのがこのドリル
f:id:vcken:20211212221718j:image

 

 

ほとんどの製作者さんは電動糸ノコの親分みたいなバンドソーでやりますが

僕は持っていません

部屋がそんなに広く無いので買う気も無く

いつもドリルで型抜きをします

 

 

まずはデザインに沿って真っ直ぐ穴を開けます

 

裏側をよく確認してデザインに食い込んでいないかを常に注意します

f:id:vcken:20211212221833j:image

 

 

机もドリルで穴を開けないように気をつけながら

ようやくネックの型に穴があきましたが

この段階ではまだまだ抜けません

f:id:vcken:20211212221917j:image

 

 

次は斜めにドリルを入れて削りだします
f:id:vcken:20211212221925j:image

 

 

これもデザインに食い込まないように気をつけないと大変な事になります

 

 

そうしてあちらこちらからドリルを入れてようやく抜く事ができます
f:id:vcken:20211212221922j:image

 

 

てな事でバンドソー無しでいつも抜いちゃうんで買う機会をずっと逃しております
f:id:vcken:20211212221920j:image

 

 

あったら便利かなぁ?

そんなに使う機会もないのかなぁ?

製作当初からの悩みです

 

まぁ無くて困った事も無いからまぁいいか