おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

毛替え と 松脂の塗り方

 

今日は住宅ローン減税の書き方が

わからないので税務署に行こうと思います

 

これだけの資料を持って

いざ出発

f:id:vcken:20200212160736j:image

 

税務署に到着

f:id:vcken:20200212161133j:image

 

さて何時間かかるかなぁ?

 

入って受付で話を聞くと

今日は予約のみで予約もいっぱいで

ダメです、お帰りください

との事

 

仕方がないので資料貰って帰って来ました

 

 

さて時間が空いたからどうしよう?

 

そろそろやしなぁ

アレするか…

 

 

もうすぐドボコンの本番です

弓の毛替えをしばらく

やっていなかったので

本番までには変えたいなぁと

思っていました

 

僕はだいたい2週間前くらいにやるので

そろそろやり時です

 

 

家に帰って早速作業開始

 

手元の毛も汚れています

f:id:vcken:20200212161648j:image

 

 

半月リングを外して

f:id:vcken:20200212161750j:image

 

 

貝殻の付いた板をスライドさせて

外します

f:id:vcken:20200212161847j:image

 

 

適量の毛を取ったら白い紙の上で

選別作業

f:id:vcken:20200212162020j:image

 

色の悪い物や縮れ過ぎている毛を

除去します

 

 

そして糸で縛って

ライターであぶります

f:id:vcken:20200212161949j:image

 

 

クサビを3ヶ所入れて綺麗な毛になりました

f:id:vcken:20200212162309j:image

 

 

さてこの後は十分に乾かした後に

松脂を塗ります

 

松脂の塗り方は人によって違います

どれが正しいかなんて無いので

僕のやり方も1つの方法だと思って

いろいろ研究してみて下さい

 

今からやる方法は初めて師事した

京都市交響楽団の先生に教えていただきました

 

その先生は平井 丈一朗先生と言う

カザルスのお弟子さんに習っております

 

もしかしたらカザルスのやり方かもしれません

 

そのやり方を僕なりにアレンジしています

 

 

まずは膝の上に毛を上にして

松脂を塗ります

f:id:vcken:20200212162817j:image

 

半月リングの金具に当たると松脂は欠けるので親指でガードします

f:id:vcken:20200212162911j:image

 

 

粉が出る位タップリと塗ります

松脂を置いてある所まで塗りました

白くなっていますね

f:id:vcken:20200212163028j:image

 

弓先まで塗ったら今度は指で塗り込みます

 

そうしないと表面だけにしか松脂が付いていないのですぐに取れて滑ります

 

馴染むのも時間がかかります

 

 

指は綺麗に洗ってからにしましょう

f:id:vcken:20200212163338j:image

 

毛の全面に松脂が行き渡るように擦ります

 

終わったら弓の木の部分と指先が白くなりますが

f:id:vcken:20200212163540j:image

 

弓は布で拭いて

指は石鹸で洗います

 

これでおしまいですが

この状態では松脂は多過ぎます

 

でも毛の部分は布で拭いてはいけません

布の繊維が付着して取れなくなります

 

無闇に指で触ってもいけません

脂がついて滑ります

 

毛に触れるのは初めて松脂を塗り込む時のみで後は触らないようにしましょう

 

 

つきすぎた松脂は楽器を弾いて

弦に付いた松脂を布で拭き取ります

 

それを繰り返して自分好みの量にして行きます

 

僕はずっとこの方法でやって来ましたが

みなさんもいろいろ研究してみて下さいね

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村