おぎのけんの ブログ

チェロ演奏と弦楽器製作そして子育てと糖尿病とかいろいろ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村]

F字孔彫り

 

 

F字孔のデザインができたので

次は穴を開けて彫っていく作業です

 

先ずはいつも開けやすい部分から開けて行きます

f:id:vcken:20210905215737j:image

 

別にどこから始めても大丈夫ですよ

 

 

 

ここら辺までは木目と平行に近いので彫りやすいですよ
f:id:vcken:20210905215729j:image

 

 

そうして上下の丸い部分以外が開くと

こんな感じ
f:id:vcken:20210905215754j:image

 

なんだかちょっと情け無いお顔になりました

 

 

さてここからが難しい所

丸い部分です
f:id:vcken:20210905215740j:image

 

 

ドリルで穴をとりあえず開ける人も多いですが

僕はいつも彫刻刀で彫って行きます

 

 

ちょっと貫通した所
f:id:vcken:20210905215751j:image

 

ここで気をつけ無いと裏側がパリッと割れます

ドリルで貫通させる場合も割れるので

慎重にしないといけません

 

僕は怖がりなので彫刻刀で慎重に彫ります

 

 

穴が開いても気が抜けません

この部分を分離するのもなかなか気を使います
f:id:vcken:20210905215749j:image

 

 

そうして気をすり減らしながら

なんとか形になりました
f:id:vcken:20210905215743j:image

 

 

丸い部分の内側の出っ張りなんかも

木目に沿ってすぐに欠けるので

無事に終わったらホッとします
f:id:vcken:20210905215732j:image

 

 

裏側も割れていません
f:id:vcken:20210905215746j:image

 

箱になると見えない部分なので

割れている楽器も結構ありますよ

 

 

これでF字孔らしい形になりましたね
f:id:vcken:20210905215734j:image

 

でもこれではまだF字孔では無くて

S字孔なんですよ

 

 

内側も割れずにちゃんとS字孔になっています
f:id:vcken:20210905215756j:image

 

 

このF字孔の彫り方は職人さんによって考え方がいろいろありまして

 

板に対して直角に彫る方や

前から見た時にF字孔が綺麗に見えるように

斜めに彫る方などちょっとした違いがあります

 

さて彫刻刀などでの作業はこのあたりまでです

 

次はデザインのラインに沿うように

仕上げをしていきますよ